読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有限なのか無限なのか

人間とは七面倒くさい生き物である。

家ではあれだけやりたかったゲームやアニメ鑑賞もいつでもできる状況になると途端にやりたくなくなるのはなぜだろう。やはり予定があるもしくは立てるのは非常に需要なことであると思う。一日暇なのもいい加減飽きた、昨日はまだ予定があったからいいものの、明日は面倒でも大学に行ってみようと思う。いまは早く授業が始まってほしい

と願うのみだ。また授業が始まったら休みたいなどとのたまうだろうがその時はその時だ。とにかくこれからの予定が知りたい。予定がわからなければバイトも入れられないしスケジュールも立てられない、できればこういうこともtwitterで呟きたいのだが

人の目が気になってつぶやけない こいうことを書いているとつくづく自分は弱いし、くだらない人間だと思う。だがそんなことを考えるのもめんどくさいと思うのだから

やはり本質的にはめんどくさがりの気分屋なのだろう。どうしてこうなったのかはわからないが不快にはひどく鈍感なくせに快にかんしては驚くほど敏感だと自分でも思う

そんなところも含めて自分のことは好きだ。親の教育か周りの影響かはわからないが。

つかぶっちゃけブログを書いてる時が一番楽しいかもしれない。今まで自分の考えは浮かんでは消えるようなシャボン玉のようなもので、記録するということはしてこなかったが書きとめてみると面白い。自分が面白いだけで人にみせられるようなものではないが

一人暮らしでできることは大方やった気でいるがどうなんだろうか、あまり気負いすぎてもつかれてしまうのでゆるくいきたい。気分屋の真骨頂を存分に発揮したところで

そろそろやめようかな、勉強もしてないし、あと今読んでる本が読み終わったらレビューしたいなとも思っている。前読んだマガジンかなんかの読み切りで一年ごとに自分は別の自分に入れ替わっていて前の年の自分が来年の自分に獲得したステータス的なものを割り振って死ぬみたいなマンガがあったが自分は一日ごとに交代してるんじゃないかってくらい気分が違う。気分屋というか情緒不安定なのか、今情緒不安定を調べたがちょっと違うっぽい、やっぱ気分屋だな